T様邸 外壁・屋根塗装事例

施主様の希望は窯業系サイディングの現在の風合いを維持したいとのことで、シリコン系のクリアー塗料塗布の希望されていました。

古くなったサイディングは劣化が進んでチョーキングがある場合、密着力が維持できないためクリアー塗料の塗布には適しません。しかし、南面・東面等にはその症状は見られず、1Fのサイディングはクリアー塗装が可能と判断させていただき施工しました。
また、サイディングの板目字シールは劣化が激しく、雨水が内部に侵入してもおかしくない悪い状況でした。雨水が内部に侵入するとサイディング自体が脆弱化し、北面などは凍害が加わると更に状況は悪化します。(T様より)
トップ画像
事例

 施工事例データ

施工箇所 屋根 131.0㎡(ブラック)、
外壁 1F 113.0㎡ サイディング (シリコンクリアー)、
外壁2F 76.0㎡リシン(Hana-253) 軒天 32.0㎡ (白)、
軒樋、竪樋、戸袋、破風、鼻隠し(ブラック)、
その他の工事
施工内容 強化シーラー+弱溶剤コロニアル屋根用シリコン樹脂塗料(屋根)、
外壁 UVプロテクトクリアー 微弾性フィーラー+水性シリコン樹脂塗料(外壁)、
水性エマルジョン塗料(軒天)、ウレタン樹脂塗料(鉄部・塩ビ製品)
工期 125万円
工期 16日間

ご提案内容 コロニアル屋根は藻の発生が顕著で、各所に塗膜剥がれの症状が見られて劣化が進んでいる状況でした。高圧洗浄で入念に藻や汚れを除去し、エポキシ系の強化シーラーを2回塗布してコロニアルを保護・強化し、シリコン樹脂塗料を2回塗布して仕上げます。外壁のサイディングの板目字のシールが硬化・剥離・破断が著しく、サッシまわりシールと共に全面的に打ち替えを行いました。
また、念の為屋根の天窓のゴムパッキンをメーカー協力店にお願いして交換しましたが、メーカーサイドとしては10年毎の交換を推奨しているようです。(日本ベルックス社製)
施工前はこちら

築後15年経過するコロニアル屋根は劣化が進行しています。 日が陰って湿気の抜けにくい北面は特に物発生が顕著です。 窯業系サイディングの板目地はシールの硬化・破断・痩せ・チョーキングが著しいです。
サッシまわりシーリングも同様に硬化・破断が見られ、サッシ下端からの漏水が発生しやすいです。 外壁の吹付けリシンは大気汚染物質が付着して美観を損なっています 塗膜は艶引け・変退色が進んで外壁の保護機能を失っています。

施工中の様子

足場を仮設してメッシュ養生を行いますが、隣家の車・バルコニーでの洗濯物干し等には事前にお願いします。 傷んだ板目字シールは全て撤去・打ち替えを行います。被せ工法は剥がれやすく薄くて耐久性がありません。 15×10で変性シリコンを打ち込み、紫外線カットの機能のあるシリコンクリアー塗料を塗布します。
強化シーラーをタップリ濡れ色になるまで塗布し、下地を整えてコロニアルを補強します。 破風板・水切りを耐候性に優れるウレタン樹脂塗料で2回塗りします。 中塗りでシリコン樹脂塗料1回めと不完了。更に上塗りを行い塗膜厚を付けると光沢も出てきます。

施工が完了しました

コロニアル屋根 施工完了です。 コロニアル屋根 施工完了です。(タスペーサー挿入済み)
軒天の施工後の様子です。密着性と透湿性に優れる水性ケンエース2回塗りました。 塩ビ製の軒樋・縦樋・破風板はペーパー掛けを行なってウレタン樹脂塗料を2回塗布しました。
UVプロテクトクリアーを2回塗りすると光沢が出て、新築時のようなサイディングの高級な風合いが再現されます。 サイディングは新築時の風合いと艶を取り戻し、グレー・見附け板の黒・リシン壁のオフホワイトのコントラストが施主様にはご好評をいただきました。


  • 無料外壁屋根診断 稲沢市 一級塗装技能士 窯業サイディング塗替診断士
  • 無料雨漏り診断 稲沢市 一級塗装技能士 窯業サイディング塗替診断士